Work

建物が完成し、お客様に喜ばれた時、やりがいを感じます。

入社1年目 工事部 橋本 将
tagami_01

僕は入社1年目で、何も分わからない事ばかりで初めはすごく不安でした。現場管理をするなかで、確認をしなくてはいけない事が多いのですが、図面の見方も初めは分からなくて、いつも先輩に質問していました。現場に材料が搬入されてもどこに使うものかも分かりません。でも工事が進んでいくと「ここに必要な材料だったのか。」とか、「これはここに付けなくてはいけない部品だったのか。」という事が少しずつ分かるようになってきて充実しています。

tagami_01

この仕事に大事な事は、コミュニケーション能力や、気持ちの強さだと思います。毎日朝礼で職人さん達の前で安全注意事項等を確認したり、工事に関する打合せをしたりしています。また、初めてこの工事現場へやってきた人達に新規入場者教育をしたりもしています。自分が思っている事や、先輩に言われた事をしっかり伝えなければ、現場の仕事を止めてしまう事があります。そんな時でもしっかりと職人さんたちとコミュニケーションをとっていれば、「橋本くんの失敗だったらしかたないなー」と言ってくれる人もいたりします。職人さんにきつく言われる事や、自分がしなければいけない事に追われる時があります。そんなつらいとき、それらを耐えることができるハートの強さはやっぱり必要な事だと思います。

tagami_01

現場監督の仕事のやりがいは、建物が完成して、お客様に喜んで使ってもらっている時、それを見た時はそれまで頑張ってきて怒られたり、失敗してきたりして苦労してきたけど、がんばって良かったなと思いました。自分が携わった建物が何十年もそこに建っています。「僕が建てたんだよ。」と皆に自慢できる事、そしてお客様にたくさん利用されていたら、僕も嬉しい気持ちになるから僕は今この仕事が楽しいです。